貴石加工所博物館

硬石工厂博物馆

1588年フェルディナンド1世大公によって設立。 大公はウッフィツィの翼の一つに大公国の作業所を組織し、建設中のプリンチペ礼拝堂の装飾に使用する貴石を加工する為、そこに専門の職人を迎えました。 1796年に、ピエトロ・レオポルドは加工所をアルファーニ通りの現在地に移します。 作業所はバッソ城塞に移されましたが、現在でもこの加工所はその伝統を維持、フィレンツェ工法により、貴石のブロックやモザイク片を作りモザイクの修復をしています。