パラティーナ美術館

パラティーナ美術館Le grand palais voulu par le banquier florentin Luca Pitti, s'attribue à un projet de Filippo Brunelleschi. Le palais a accueilli trois dynasties: les Médicis, les et les, et en temps modernes seulement, il a été destiné à accueillir trois précieuses collections: la Galerie, le Musée et la Galerie 'Art.

フィレンツェの銀行家ルーカ・ピッティが建造した大きな建物は、フィリッポ・ブルネッレスキのプロジェクトによるものとみなされています。この建物は、メディチ家、ロレーナ家、サヴォイア家と3つの一族の住居として使われ、近代になってから3つの貴重なコレクション-パラティーナ美術館、銀器博物館、近代美術館-を保存する場所となりました。 トスカーナ大公のコシモ1世は建物のオリジナルの中心部を購入、バルトロメオ・アッマナーティに、2つの翼と大きな名誉の中庭を形成する上部回廊を増築させました。 パラティーナ美術館は、ピッティ宮殿の正面一番重要な部分にある6室と、後側にある北側の翼で、メディチ大公の冬の住居を形成していた部分を占めています。未使用であったこれらの部屋は、大部分メディチ家によって収集された、ピッティ宮殿にある最も重要な絵画を展示する為、18世紀後半から使用され始めました。