ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館世界で一番重要な美術館の一つであるウフィツィ美術館の起源は、コシモ1世がジョルジョ・ヴァサーリに、フィレンツェ共和国の行政・司法オフィースとする大きな建物の建造計画を依頼した1560年にさかのぼります。 5年後に完成する回廊の建設はヴァサーリ自身が担当、それはヴェッキオ橋とサンタ・フェリチタ教会の上を通り、ウフィツィとメディチ家の新しい住居ピッティ宮殿を繋ぎ、ボボリ庭園で終わります。 ウフィツィは現在、膨大な芸術遺産を保有しています。 それらは、中世期から近代にあたる膨大な数の絵画、多くの古代の彫刻、ミニチュア、つづれ織り、 有名な肖像画のコレクション、豊富なデッサンと版画のコレクション、さらに収集品は、現代作家の作品の購入又は贈与によって時と共に増えています。