メディチ家のヴィッラ

メディチ家のヴィッラ

カステッロのヴィッラは、郊外にあるメディチ家の住居の中で最も古い館の一つです。実際、ロレンツォとジョヴァンニ・ディ・ピエール・フランチェスコが館を購入したのは1477年の事です。 1538年、コジモ1世がトリボロに計画を依頼した庭園は、彫刻や噴水、洞窟で表されたシンボルを通して、君主の権力を称賛するよう研究されています。 現在ヴィッラは一般公開されていませんが、柑橘類や珍しい植物が豊富に植えられ、古代やルネッサンス期の彫刻で飾られた庭園は見学可能です。 中でも素晴らしいのは動物の洞窟で、昔は水の効果も使われていました。