テアトロ

フィレンツェを訪れた時は、フィレンツェの素晴らしいテアトロを見物する機会を逃してはなりません。

カンティエレ・フロリダ

カンティエレ・フロリダ(旧フロリダ映画館)2002年12月にフィレンツェに開館。 50年代に建設され、当時の特徴がよく残る建物は、エルシノーによって修復され再び利用できるようになりました。その結果、建築構造が大きく根本的に改変され、フィレンツェの観客に戻された劇場空間では、役者や設備、舞台装置が織り成す素晴らしい舞台が繰り広げられるようになりました 再開によって、観客、特に子供や若者向きの、舞台、演劇ラボ、研究所など、常設の新しいプログラム導入も可能になりました。 予防注射世界プログラムを支持して、劇場のロビーにはユニセフの為のスペースが設けられています。

チェステッロ劇場

チェステッロ劇場はチェナコロ・ディ・ジョーヴァニ劇団によって運営されています。当劇団が運営方針とした文化的選択は、フィレンツェ伝統演劇の再発見と価値付けだけでなく、演劇の言葉に関して、より純粋な伝統演劇回帰を目指す事です。 チェステッロ劇場は常連の観客を持ち、常に増え続けています。

エヴェレスト劇場 20年ほどの閉館期間を経て、エヴェレスト劇場は今日、フィレンツェにおける文化展望の先端にあります。有名なチェルトーサのすぐ近く、歴史溢れる地区に位置します。市の中心地から交通の便も良く、異なる分野の芸術家が交換する、文化的形成、出会いの場となっています。プログラムの中心となる演劇だけでなく、地元の文化協会と提携した、コンサート、ミュージックイベント、チネフォーラム等が行われる他、劇場のフロアーには理想的なギャラリーのごとく芸術作品が展示されています。

レ・ラウディ劇場

レ・ラウディ劇場は80年代初頭にフィレンツェで生まれました。劇場は、長い間車庫に使われていた古い建物が利用され、複雑な修復工事